脱!オタクファッション 女性の目線を意識しよう

オタクは個人的な好み、嗜好、嗜癖です。

本来、他人にどうこう言われるものではありませんが、残念ながらその「好み」は万人受けするものではなく、特に恋愛市場においては受け入れられないものです。

出会い系サイトでいい感じになった女性と、やっとのことでつかんだご対面のチャンスに、「えっ、オタクだったの……」とその女性にガッカリされてしまってはとても残念ですよね。

オタクの魂まで変える必要はありませんが、見た目だけでもどうにかして、来るべきご対面に備えましょう。

オタク好きな女の子たちも、「見た目がオタク」は受け入れてくれないものです。

1.ファッションには世界観を反映させてはいけない

実は、「自分ではオタクっぽいファッションという自覚がない」というオタクがほとんどです。ただ好きな服を着ているだけ、ただ楽な服を着ているだけに過ぎないのです。

なのに、どうして「オタク」に見えてしまうのでしょう。

それは、自分が好きなアニメやアイドル、ゲーム、音楽などの世界観をファンションに反映させてしまっているからです。

個性的なファッションよりも、まずは違和感のないファッションを目指しましょう。

2.オタクに見えてしまう服装とは

世界観を容赦なく主張している絵柄のTシャツ

もっとも分かりやすくオタク感を出してしまうものは、アニメやゲームのキャラクター、アイドルの顔写真、ロゴなどが描かれたTシャツです。

たとえそれが入手困難なレアものであっても、同じ世界観を持っていない人にとっては「オタクであることを証明するもの」以外の何物でもありません。

もし、ここ一番にこうしたTシャツを着ていこうと考えているのなら、即刻その考えをあらため、Tシャツは観賞用として自宅に保管しておきましょう。

ちょっと違うボトム

オタクはなぜかケミカルジーンズやツータックのチノパンを好んで着用します。

たかがジーンズ、たかがチノパンと簡単に考えてはいけません。

男性は女性に比べるとファッションアイテムが少ない分、細かなデザインやディテールの違いが、「オタク」と「イケてるヤツ」の違いを生んでしまいます。

ジーンズであれば、ストレートに限ります。太さはさまざまですが、細すぎや太すぎは避け、標準的なタイプを選びましょう。また裾が細くなっているテーパードや、反対に裾が広がったベルボトムは危険です。よほどのおしゃれ上級者でなければ手を出してはならないものと心得ておきましょう。

チノパンは形いかんにかかわらず避けたほうがいいアイテムです。

スタイルが良く、小ざっぱりとした印象を持たれやすい人(そんなオタクいますか?)であれば、少し細めのノータックのチノパンに挑戦してもいいでしょう。

何を入れる気だ?ポケットの多い上着

釣り人やアウトドア愛好者が好む、ポケットの多いアウターやベストがあります。

オタクの皆様にもその収納力によって愛されていますが、これもまたオタクを象徴するアイテムです。

お財布、小銭入れ、スマホ、ネットカフェの会員証、ハンドタオル、ティッシュ、これら機能的に収納できることを自慢したいのは分かりますが、女性は必ずこう思います。

「何入れてんの?キモっ」

ポケット=収集=マニア=オタクの構図が崩れることはありません。

3.オタクに見えてしまう小物とは

オタクは洋服だけでなくファッション小物にも独特の世界観を映し出しています。

大きなカバンやリュックにパンパンの荷物、紙袋

オタクの大きな荷物には、「何をそんなに持ち歩いているの?」と誰もが疑問に思っています。

本人にとってはなくてはならない宝物かもしれませんが、果たしてデートにそれが必要でしょうか?

カメラはいりません。スマホがあります。お菓子やお茶はいりません。カフェに入ればいいんです。

指ぬきグローブ

ロックミュージシャンやプロボーラー、ポケモンのサトシが着用している指のない手袋で、オタクが好むアイテムのひとつです。

冬場でも普通の手袋のなかでひときわ目立ち、夏場はまさに悪目立ちしてしまうコスプレ以外の何物でもありません。みんながその手袋を見ているのは、「かっこいいな~」と思っているからではありません!「ダサっ!」と思っています。

アクセサリー

十字架やドクロのシルバーのアクセサリー、ミサンガなどのエスニックな装飾品を好む人もいますが、これもよほどのおしゃれ上級者でないと失敗しがちなアイテムです。

ゴールドの喜平ネックレスも論外です。

一見さりげない印象の小ぶりのブレスレットも、よく見るとアニメのキャラクターグッズだったりすると完全に興ざめです。
いっそ、何もつけていないほうがいいのです。

定番メーカーのキレイに手入れされた腕時計一つで充分です。

バンダナ

おでこに巻く、頭を包むように巻く、手首に巻く、ジーンズのベルト通しに結ぶ、どうやったってオタクです。

ハンカチやハンドタオルのつもりで持っていても「オヤッ?」と思われてしまう危険物です。女性と会うときには絶対に携帯してはいけません。

4.オタクに見えてしまう着こなしとは

洋服、小物の注意点を述べてきましたが、最後はそれをどう着こなすか。オタクは普通のアイテムでもオタクっぽくしてしまう魔力を持っています。

その魔力を封印する最後の仕上げ、着こなしの注意点をみてみましょう。

タックイン

シャツやスエットの裾を、ボトムのウエストにしっかりと入れ込む「タックイン」は、もはやオタクの伝統芸です。後世に残しておきたい伝統ではありますが、その継承は恋愛市場に参戦しないオタクたちに任せておきましょう。恋するオタクは、女性と会うときだけでなく、いついかなるときも「タックイン」してはいけません。

女性といい感じになりたいのなら、こんりんざい「タックインしない誓い」を立てるくらいの覚悟を決めましょう。

なぜなら「タックイン」は気持ちいいからです。腹部や腰部を厳重に保護し、世間の冷風から体幹を守る「タックイン」は、本来推奨されるべきものです。その証として、小さな子供はみな「タックイン」です。

オタクはこの暖かく優しい「タックイン」の虜になっています。その暖かさ、その優しさを放棄する覚悟はありますか? 少しずつ「タックイン」から卒業するために、自宅でも「タックイン」を辞めなければなりません。

Tシャツの袖を肩までまくり上げる

もともと半そでや3分袖しかないTシャツですが、オタクはあえてこれを肩までまくりあげます。憧れているキャラクターやミュージシャンの影響かもしれませんが、オタクがまくり上げたところで美しい腕の筋肉が披露されるわけではありません。オタク特有の「ちょっとした人との差別化」の発露です。

こうした行動は「ああ、オタクだな……」と思われるだけです。

4.脱!オタク 女性にいいなと思われるためには

女性にいいなと思われるファッションとは、女性目線を意識して作られるものです。

オタクのファッションは、女性目線ではなく、いわば「自分が好きなもの目線」です。

好きなアイドル、アニメ、ゲームなどの世界観をファンションに反映してしまうことがオタクの敗因でした。

脱!オタクのためには、多くの一般女性に好まれるファッションを徹底的に研究すればいいのです。

オタクの強い目的志向、深い情報収集力をもってすれば、そう難しいことではありません。ただ一つ、「自分の好み、自分の世界観を反映させない!」このことだけをしっかりと守ればいいのです。

見た目の「オタク」を封印して、次の段階に進むチャンスをつかみましょう!

オススメ出会い系サイト

わたしが実際に利用してみて安全だと判断したサイトをランキング順に紹介します。どのサイトにしたらいいのか迷っておられる方は参考にして下さい。

ハッピーメール
まずはやっぱり日本最大の出会い系サイト「ハッピーメール」。ほかの出会い系サイトが女性会員をよそおって入会し、日々勧誘を繰り返しているのは人気の証明です。会員数は350万人以上。これくらいの会員数がいれば、当ブログの戦略を使って攻略することができます。

ワクワクメール
ワクワクメールも超大手ですね。プロフ閲覧がタダで見放題なので、まずは最近の出会い系サイトがどんな感じなのか把握したい方にはぴったりです。

PCMAX

こちらはちょっとギャルっぽい女の子が多いのが特徴です。見た目はギャルでも中身はオタク!というギャップ萌えはぶっちゃけ3次元でも最高なので、ぜひ狙ってみてください。

なお、いわゆる大手出会い系サイト以外を「簡単にセフレができる」だの「完全無料」だのといった言葉にだまされて利用するのはぜったいにやめてください。そういう出会い系サイトは、サクラが大量にいたり不正請求をされたりといったトラブルに巻き込まれる可能性が非常に高いのです。